サブスク

便利だから気を付けなければいけないサブスクの落し穴

サブスクサービスで一番最初に思い浮かぶのは、動画配信サービスのNetflixや音楽配信サービスのApple Musecなどではないでしょうか。

他にもAmazonプライムはショッピングだけでなく動画配信や音楽配信まで幅広く対応しているので、加入している人も多いはずです。

サブスクは定額制となっていることから、料金が明確で便利なサービスが多いことから、複数のサブスクを利用している人も多くいます。

ですが、便利だからといって複数のサブスクを利用していると、利用料が毎月高額になってしまうなどの落し穴があるので、上手にサブスクを利用するために、サブスクを使うときの注意点などについて紹介します。

サブスクの利用料金が固定費になる

サブスクで注意しなければいけないこととして、便利に見える定額があります。

サービスを毎月使いることができる人にとって、サブスクは全く無駄遣いになりません。

動画見放題の定額サブスクの利用であっても、映画を見に行くくことと比べれば安いものです。

いくつかの動画を少し見るだけでも、公正な形で閲覧することができますし、週に1本動画を見るなら十分に元を取ることができます。

しかし、定額のサービスを使いきることができなければ、ただの無駄遣いになってしまいます。

例えば、動画をたくさん見た翌月は、あまり見たいものがなく1本も見ないまま1ヶ月が過ぎてしまうこともあります。

しかし、動画を見ても見なくても定額料金は発生するので、これが続くと大きな無駄遣いになります。

今まで映画を見るときは、レンタルしたり映画館に見に行ったりしなければいけなかったので、その都度お金を払う日常支出でした。

しかし、サブスクは自動的に引き落とされる固定支出になってしまいます。

家計をチェックする場合でも固定支出は見えにくいので、見直しが遅くなりがちです。

サブスクは未使用でも指導的に引かれ続けるので、注意しなければいけません。

自動引き落としが一番危ない

家計を改善するためには、毎日の細かい支出を減らすための行動をしがちですが、実はそれだと、問題の半分しか見えていません。

日常支出と否定支出をバランスよくチェックしなければいけないのです。

クレジットカードの明細やメインバンクの預金通帳を身ながら、自動引き落としされている項目をチェックしてみましょう。

スマホ代にまとめて課金している場合はその明細も必要です。

チェックしてみると、自動引き落としはかなりあるはずなとので、固定支出を節約して減らす・割安サービスに乗り換える・解約するの3つから見直しを考えてください。

一番効果があるのは解約なので、固定支出の項目をストップできれば、来月以降自動的に家計が楽になるはずです。

使わないサブスクは停止してみる

利用頻度が低いサブスクはとにかく一度解約してみましょう。

サブスクにはスマホのように長期契約者に対する割引があるものはほとんどありません。

だとすると、使わなくなったらとりあえず球界手続きをして、観たいコンテンツがあるときに再契約すればいいのです。

同じようなサブスクは一本化することで、無駄なサービスを減らすことができます。

家族でそれぞれが契約しているダブりには注意が必要で、誰かが代表して契約してファミリー利用ができるサブスクは多いので、ダブりで課金するようなことはないようにしてください。

まとめ

サブスクは長期利用しているうちに、ダラダラ契約が続いてしまうので、見直しを考えた方が良いでしょう。

最近は、服やカバン、家具のサブスクなどもありねブランド物を利用することができる場合なとは、毎月の課金額が高額になってしまうので知友委してください。

便利でお得なサブスクですが、結果的に家計を苦しめてしまうようなことがあれば本末転倒です。

サブスクの断捨離を一度考えてみてはいかがですか。